10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

移籍いろいろとエジルたん情報。 

シーズンが終わって間もないのですが、

来季に向けて、新メンバーがぞくぞく移籍してきております。


まずは、

ヌリ・シャヒン

シャヒン
香川選手のチームメイト。


ボルシア・ドルトムントの選手。 

1988年9月5日生 22歳 トルコ代表。

2010-11シーズン、ブンデスリーガのMVP。

ボルシア・ドルトムントで10/11シーズン優勝、

2005年トルコで開催されたU-17欧州選手権優勝、同大会MVP。

ブンデスリーガ最年少デビュー、得点記録を持つ選手。

それがレアル・マドリードの新入団選手ヌリ・シャヒン。

22歳MFは今シーズンのブンデスリーガにセンセーショナルを与えた選手で、
ボルシア優勝の功労者である。

トルコ系ドイツ人のポジションはトップ下でタレントを備えている。
パス供給能力に長けているだけでなく、ボール奪取力にも非凡なものを持つ。

さらにFKのスペシャリスト、左足から繰り出されるパワー、
精度を兼ね備えたエクセレントなシュートを持っている。

(Realmadrid.comより)

エジルと同じ年ですね!(o^―^o)

また、同じドイツ生まれのトルコ人ですね!

二人のコンビが楽しみです!

詳しくはこちら!

ブンデスリーガのセンセーショナルがマドリードに


ハミト・アルティントップ

アルティントップ
みたことある~!


バイエルン・ミュンヘンの選手。

1982年12月8日生 28歳 トルコ代表

ドイツのゲルゼンキルヒェン出身

バイエルン・ミュンヘンの選手として過ごした4年間で
2度のリーグ、カップだけでなく、
リーガカップ、ドイツスーパーカップを獲得。

28歳のMFは中盤だけでなく両サイドでもプレーが出来る選手であり、

昨シーズンの2012年欧州選手権予選対カザフスタン戦で
トルコ代表としてあげたゴールはFIFAが選ぶ最も美しいゴール、
プスカシュ賞に選ばれている。

また、2008年準決勝進出を果たした欧州選手権ではUEFA選出のベスト11に。
(Realmadrid.comより)

そうです!プスカシュ賞ととった選手でしたね!(*゚ー゚*)

そうでした!
おおぉ!


エジルと同じドイツのゲルゼンキルヒェン出身の選手!

エジルと共通点が多いですね。

これって、どうしたことですか~?レアル・マドリードさん?(o゚ェ゚o)

詳しくはこちら

アルティントップ:経験豊富な勝者のスピリッツを持つポリバレントな選手


ホセ・カジェホン

カジェホン
おかえり~。

1987年2月11日生 24歳 グラナダのモトリル出身

エスパニョールの選手。

レアル・マドリードのカンテラ出身の選手。

ホセ・マリア・カジェホンは新シーズンに向けての3人目の補強選手なだけでなく、

エスパニョールでスペインサッカー最大のカテゴリーで経験を積んで戻ってきた

下部組織選手。

2002年にマドリードの門を叩いたFWは07/08シーズンにカスティージャデビュー。

同シーズンにエスパニョールに移籍し、バルセロナのクラブの主力としてプレー。

97試合、10得点の数字を残して古巣に復帰する。

(Realmadrid.comより)

戻ってきたのですね!!

おかえり~!ヽ(。・∀・。)ノ♪

詳しくはこちら!

カジェホン:プリメーラで成功を収めた下部組織選手


3選手ともに、よく知らないので・・・すんません。m(__)m

これから、勉強していきます!


来季の活躍を期待します!!



来る者もあれば、去る者もありで・・・・。


ホルヘ・バルダーノ氏が、レアル・マドリードを退団!!

バルダーノ氏
ええぇぇ!!


いや~( ゚д゚ ) びっくらこきました~。


ホルヘ・バルダーノは
モウリーニョとの争いがあるとしたすべてのニュースを否定した。

「私はレアル・マドリードを戦場にしたことは一度もない。
私はホルヘ・バルダーノである前にゼネラル・ディレクターで、
そういった争いを避けてきた。このクラブを尊敬し愛していて、
私の献身はこのクラブの偉大さとともにあり続けた」。

ジョゼ・モウリーニョについては以下のようにコメントしている。

「この数年間は不安定だったから、彼が続けることがクラブにとってプラスになる。
それ相応の時間が与えられ、仕事に専念することが必要。
彼は良い仕事をし、良い監督だと思うし、彼がクラブで続けるのは普通のことだろう」

レアル・マドリードの新たな組織図に対しては

「レアル・マドリードはとても巨大で、
新たな組織が縮小されたものだということではない。
会長にとって統治することが簡単ではない状態に関して
解決策を見つけたということ」
と説明している。

落胆することはないものの、27年もの間務めてきた場所から去るのは
悲しみを伴うものだとしている。

「愛している人物や場所から離れることはいつだって辛いもの」

最後に問われた今回の記者会見の主旨については簡潔に答えている。

「しなくてはならなかったことは、このことを公にし、お別れをするとことだった」。
(Realmadrid.comより)

こちらもどうぞ。

バルダーノ氏:「モウリーニョとはずっと話していない」
(Goal.comより)


モウ監督との、確執やなんたらありましたが~。

公式サイトとGoal.comの記事を見比べると~(;^ω^)イヤハヤ


ここは、まだサッカー(レアル)・ファンになって、
間もない私が語るには、知識不足ですので、
詳しい方々の意見に、耳を傾けたいと思いますm(__)m。    勉強せいやー(ェ)


来季に向けて、新体制になっていきます!レアル・マドリード!



さてと!

ここいらで、エジルたん情報を!

“MARCA”にインタビュー記事が載っていたのですね。

エジル:「来季はバルセロナより強くなる」
(Goal.comより)

エジルらしい内容の記事ですね!

“kicker”にも、エジルのインタビューが載っていました。

シャルケ!おめでとう!


訳していただいた方から情報を頂きました!ありがとうございます!
内容は、ほぼMARCAと同じようでしたが、

新しい発見!では、

「とくにセルヒオ・ラモスとは、
本当に互いにわかり合って仲良し。彼は隣人だしね」

と答えていたそうです。

セルヒオ・ラモスは、隣人さんなのだ~!

エジルの髪型や服装は、ケディラの影響かと思ってましたが、
実は、セルヒオ・ラモスだったのかも!

気性だけは、真似しないでね・・・( ̄人 ̄)ゼッタイ!



それから、

5/26付で、エジルのfacekbook更新されました。

新CMかな?

エジルのfacekbookの分と、また違うバージョンも見つけましたので、

紹介しますね!


エジル・バージョン



ファトミレ・バイラマイ選手のバージョン

エジルの走る姿が大好きですので、何回も見ちゃいました!(〃▽〃)ウフー

Ozil'magicさんからの情報をいただきました!メイキング映像です。
ありがとうございます!!

ファトミレ・バイラマイ選手は、
エジルと同い年・同郷(ゲルセンキルフェン)だそうです。



メイキング映像


エジルは、ブンデスの頃より、たくましくなりましたね!

ついでに、サービス?ショットも!(ノ∀\*)キャ

若いなあ!
ブンデスの頃。

がっしりしてきました~(*^_^*)
レアル・マドリード。


他に、イガイガさんからも情報をいただきました。ありがとうございます!!

では、今度は、ドイツ代表エジルを!(o'∀'人)ウキャキャ
スポンサーサイト

カテゴリ: レアル・マドリード

テーマ: サッカー - ジャンル: スポーツ

[edit]

国王杯、マドリー、0-2でレバンテに敗れる。 

朝。

ちょっと寝坊しまして、7時に起きるつもりが、
7時半になってしまいまして、レバンテ戦が気になりつつも、
バタバタしてました。

もう、試合は終わってるかぁと携帯みて・・・。

えっ( ゚д゚ ) 負けたの? 0-2! ぜろにぃ!

そう・・・ですか・・・。

レバンテは、前回の雪辱を果たしたわけですね。
8-0はきつかったよね。ほんと。


で・・・、どんな試合だったのかな?

前半から両チームにはゴールのチャンスがいくつもあった。
特にレバンテは奇跡の逆転進出を目指すゴールを探すというよりも、
しっかりとボールを回すサッカーを展開。
だが、ボールを支配していたのはマドリード。
試合のリズムは決して高いものではなかったが、
ベスト8を進出するのには十分なものだった。

前半、一番のチャンスはカナレスに。
ペドロ・レオンが作ったチャンスからエリア内でシュートを放つもDFに当たってしまう。
後半、チームはカルヴァーリョの代わりにペペを投入。
チームはよりスピードのあるプレーを展開。
更に55分、ベンゼマに代えてカカーを投入。
背番号8番はFWのポジションに。
61分、この試合の先制点が生まれる。ペナルティーがレバンテに。
ガゴが腕を体につけていたもののハンドを取られた疑惑の判定。
シスコがこのチャンスを決め1対0に。
マテオスが負傷したため、モウリーニョは下部組織のフアンフランを
右サイドバックのポジションに投入。更にカナレスが足を痙攣し、
残り20分、問題を抱えたままプレーするハンデをチームは背負ってしまう。
マドリードの一番のチャンスは83分。
カカーのヘディングシュートはゴールの枠に弾かれてしまう。
このまま試合終了かと思われたが、85分にセルヒオがFKを直接決め、レバンテが追加点を奪う。
90分の笛がなった時、スコアボードは2対0に。
敗戦したものの、レアル・マドリードは2戦合計8対2と問題なくベスト8進出を決めた。

(Realmadrid.comより)

PKとFKですか・・・。

ベンゼマ~。
まだ、調子わるいのかな。

大丈夫かな?
カナレス~けが回復したばかりだから。

出てたのに~。
ペドロ・レオン。

惜しかったね。
あのシュートは。

動画です。

短いですがm(__)m。

国王杯の次の相手は、アトレティコ・マドリードですって。

え~、こんなに早くマドリード・ダービーですか!

やばいぞ。心の準備が。フォルラ~ン。


ネット観戦になるのかな。画像わるいもんな。PCが悪いのか。

どこか中継してくんないかな・・・。

ところで、今度はエジルは出るのかな~。

カテゴリ: レアル・マドリード

テーマ: サッカー - ジャンル: スポーツ

[edit]

カンテラ出身、イケル。 

訂正です。

前回のブログで、リーガエスパニューラ12節と書いてしまいましたが、
15節の間違いでした。訂正してお詫びしますm(__)m。

12節ってありえないですよね。年末ですからね。

先日のサラゴサ戦では、レアル・マドリードのカンテラの選手がデビューしました。

アルバロ・モラタという選手です。まだ、18歳。

試合後の映像は、このモラタをずっと追ってました。
同じピッチに立っていた先輩たちは、彼を祝福していました。

モラタのインタビュー。

試合が終ってもカスティージャのFWは起こったことがまだ信じられなかった。

「レアル・マドリードでデビューするなんて夢のよう。
このことを友達、助けてくれたクラブのすべての人たち、
いつも一緒にいてくれ、悪い時でも励ましてくれた人たち、
妹のマルタと一緒にスタンドにいた両親に捧げる」


モウリーニョは試合の89分に選手を送り出し、
出場早々にあわやゴールとなる場面を作り出した。

「もしゴールできていたとしたらもっと素敵なデビューになっていたんだけど。
モウリーニョは僕がピッチに入る前に落ち着いてやるようにって言ってくれ、
終ったあとに祝福してくれた。僕のデビューのユニホームは2000万ユーロでも売らない。
これまでいつもそばにいてくれた両親と妹のもの」


若きカンテラーノは自身をこう評している。

「僕自身は、自分のことをしっかり練習し、成長し続けて行く意欲に溢れた少年だと思っている」
(Realmadrid.comより)

ずっと、夢見ていたレアル・マドリードでのデビュー。

ゴールは決められなかったけど、それはベルナべウまでお預け。

ユニホームは、モラタの家族の永遠の宝物になりました。

スペイン代表としても、活躍してほしいですね。

アルバロ・モラタ
デビュー、おめでとう。


カンテラといえば、バルセロナのほうが力を入れていることで有名。

2010年FIFAバロンドール候補、Leo、シャビ、イニエスタの三人は、
バルセロナのカンテラ出身。

レアル・マドリードのレギュラー選手では、イケルだけ。

バルセロナのサッカーの強さは、優秀なカンテラの選手を懸命に育ててきた、
クラブの努力の賜物でしょうね。

試合のことよりも、カンテラの件で多いに盛り上がったスポーツ番組が
あったと小耳にはさみました。
内容が想像できるだけに、耳が痛い・・・。

各クラブの方針と言ってしまえば、それまでですが。

なんか、まとまりのない話になりましたね。
すんませんm(__)m。  


ところで。

レアル・マドリードのカンテラ出身のイケルが、

“南アW杯での最優秀GKとして、トロフィーを授与された”と記事が!!

イケルっ。
ゴールデングローブ賞、おめでとう!!(米国の映画賞ではありましぇん)


レアル・マドリードのGKはワールドカップの大会を通してわずかに2失点しか許さず、
7試合中の5試合で無失点とした。

表彰式は同大会MVPのディエゴ・フォルラン、
大会得点王のトーマス・ミュラーのそれらとともに行われた。

トロフィー授与後にカシージャスは


「ワールドカップで優勝し目標としていたものを、
勝ち取ることができたのだからこの賞をうれしく思う。
幼いころから夢見ていたことで、ドゥンガやカフー、ジダン、カンナバーロが
W杯優勝トロフィーを掲げるのを見ながら、
自分がそれを成し遂げるのはほとんど不可能だと思っていたけど、
最後にはそれを実現することができた」

とあいさつした。

ゴールデングローブについては満足できるものだとしている。


「個人としてこの賞を受けるのは一つの名誉。
なぜなら自分の仕事ぶりが評価されていると目に見えるものなのだから」


他選手との共演でもカシージャスが主役に。
選手はワールドカップ優勝のメダルを胸に式に出席し、
となりにいたウルグアイ代表のフォルランに、彼の分はどこにあるかと冗談まじりに質問。
すべては気心が知れている同士だからこその茶目っ気で、
ウルグアイ人選手も笑顔で応えていた。


わうぅ。フォルラン!ミュラ~!イケルっ!
この3ショット。なんかドキドキするぞ。

フォルラン!MVPおめでとうございます。
あなたほど、この賞に、ふさわしい人は、他にはいません。
素晴らしい活躍でした!!

ミュラー!得点王、おめでとうございます!!
ドイツの躍進は、あなたの存在なくては語れません。
ありがとう、ミュラー。

イケル、ゴールデングローブ賞、おめでとうございます。
あなたのファインプレーで、何度スペインはピンチから救われたことか。
最も優勝に貢献した選手ではないでしょうか。

近すぎですぞぉぉ。
あの~お二人さん。

フォルラン、かっこいいな~(ノ▽〃)
もう、そこにいるだけで、どっき~んと、ときめく人は、そうそういない。。。

エジルのあいぼうのミュラー君が受賞することは、嬉しいよん。

ちゅっ。
メダルに!

写真をぽちっとしたら、迫力!あり。

イケル~。これからも、レアルのカンテラ出身の代表として、

スペイン代表とレアル・マドリード、頼むぜぃ!!

カテゴリ: レアル・マドリード

テーマ: サッカー - ジャンル: スポーツ

[edit]

ムルシア戦 勝利! 

ムルシア戦は、5-1の大勝でしたね!
ちなみに、試合は、観てません(^_^;)

記事、載せときます。

レアル・マドリー、5ゴールの圧勝でベスト16入り=スペイン国王杯
10日に行われたスペイン国王杯4回戦の第2戦、
レアル・マドリーはホームでムルシアに5-1で圧勝し、ベスト16に駒を進めた。
第1戦でスコアレスドローに終わっていたレアル・マドリーだが、
昨季まさかの敗退を喫したラウンドを今季は無事突破した。

レアル・マドリーはこの試合、
クリスティアーノ・ロナウド、ディ・マリア、エジル、
シャビ・アロンソ、ケディラらの主力が温存され、
ベンゼマ、ペドロ・レオン、カナレス、グラネロ、マハマドゥ・ディアラがスタメンに名を連ねる。
だがモリーニョ監督が常々「スペイン国王杯は重要なタイトルだ」と発言している通り、
普段出場機会の少ない選手たちが指揮官の期待に応える。
序盤から厳しいプレーでムルシアを圧倒したレアル・マドリーは
3分、ペドロ・レオンのパスからグラネロが鮮やかなミドルシュートをたたき込む。
あっさりと試合の均衡を破ったレアル・マドリーだが、
ムルシアの粘り強い守備に手を焼く展開が続くと、
審判に抗議したモリーニョ監督が退席処分となるアクシデントに見舞われる。
ところが前半終了直前の44分、
マルセロの左クロスから最後はイグアインがこぼれ球を押し込み、
レアル・マドリーはリードを2点に広げて前半を終える。

迎えた後半、イグアインとカナレスに代えて
C・ロナウドとシャビ・アロンソを投入したモリーニョ監督は、
試合を決定付ける3点目が奪えないと見るや
ペドロ・レオンを下げてディ・マリアまでピッチに送り込む。
すると75分、ディ・マリアの絶妙な右クロスをC・ロナウドが押し込み、
レアル・マドリーは3-0として試合を決める。
その後、79分にはアルベロアがこの日2度目の警告により
退場処分を受けたレアル・マドリーは、
直後の81分にシャビ・アロンソのハンドで献上したPKにより1点を失ってしまう。
だが最後まで積極的な姿勢を維持し続けたレアル・マドリーは、
84分にはディ・マリアが獲得したPKをベンゼマが決めると、
終了間際の89分にもシャビ・アロンソがFKをたたき込み、
5得点のゴールラッシュでムルシアを沈めた。

(スポーツナビ 2010年11月11日)

やったね!
国王杯BEST16

ベンゼマが初得点(^^♪
PKですけど。でも、得点は得点だから。

モウ監督が、退席処分になったとは!
主審がカード出しまくる人だったみたいですね(*`ェ´*)
抗議もしたくなるわな。

今回は、エジルが出ていないので、ドキドキ感はなし。
結果は、そうだろう(^^ )そうだろう( ^^)と驚き感なし。
よかった。よかった。

なんとなく、おざなり感が・・・なっないよっ(・_・;)

次回は、スポルティング戦!
負けられない試合が続きます!バルセロナがピッタリとついている。

しっかし、バルセロナのアウェイのユニフォームは、今だに慣れない。
どうしても、バルセロナに見えないのさ。。。

う~ん違和感  

この色も似合わないよ、Leo
バルセロナのLeo・・・やっぱ違和感。

レアルの勝利記事に、なぜに、Leoの写真(・・?

いやぁ~、もうすぐ☆クラシコ☆ですし!                  

愛犬トビーは、かわしいし・・・ねぇLeo(*^_^*)

カテゴリ: レアル・マドリード

テーマ: サッカー - ジャンル: スポーツ

[edit]

四季の風景時計♪ヾ(Θ▽Θ*)

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

ランキングはじめました。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。