11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

セビージャ戦、辛勝。 

セビージャ戦、1-0です。勝ちました。

そですね。
なんとか、勝ちましたね。

ディ・マリアのあの角度からのシュートは、めちゃお見事でした。
やったぞ!ディ・マリアって、拍手。拍手。

セビージャは、きっちりと守っていましたし、レアルに思い通りにシュートをさせなかった。
惜しいチャンスも、ありました。
セビージャですし、これから、上位にくるチームでしょうね。

シャビ・アロンソの存在の大きさがよくわかる試合でしたが、
でも、それじゃ、ダメですよね。
たったひとりの選手が出ていないだけで、内容が悪くなるチームなんて。

前線に効果的にパスを出せる選手は、シャビ・アロンソだけではないと思うのですが、
セビージャが良かった反面、レアルは、なんか、チグハグっていうか。。。 この表現でいいかどうか・・・

なんか、いろんな面で繋がらないような。

それぞれ、代表クラスで、技術のある選手ばかりだから、

なんだかんだしても、結局、個々でゴールを目指して行くのかと。

それが、レアル・マドリードのサッカーなのかな。

と、思ってしまったりして。  本当のところ、よくわからない


カルヴァーリョの退場で10人になったときは、どうなるかと思いましたが。
相手も10人になって。
た、退場ですか?

しっかし、今日の審判は、レアルに厳しかったね。

デンマークの審判さんが
“C・ロナウドは最も腹立たしい選手。
ファウルをもらう意図を持ってプレーしていると指摘”

なんて記事が最近、載ってたこととは、直接は関係ないと思うけど、
セビージャに、2枚のイエローカードと1枚のレッドカード
レアル・マドリードには、8枚のイエローカードと1枚のレッドカード。
これって、どーよって?感じ。

レアルが辛勝したのは、セビージャの実力より、
審判さんのせいで、こうなったって雰囲気があるのは。

カルヴァーリョの退場は、やりすぎでは?
ディ・マリアとグラネロが、エリア内で倒されたときは、
どちらか、PKとってもよかったのではないかと。

モウ監督談。
バルセロナとの差が広がるための条件が完全にそろっていた。
サラゴサでは二人の選手が何でもないことで出場停止につながる判定を受け欠場したが、
4、5ポイントの差になることを望んでいた人たちにとって
今日は大きなフラストレーションになることだろう。
でもそういったことは我々に力を与える。
すべては2ポイントを失う方向に向かっていたが、我々はそれを阻止したのだから

私にはファンタスティックなチームがあり、
ピッチにもベンチにも素晴らしい選手たちがいる。
我々は半年間たいへんな仕事をしてきており、ネガティブな結果は一つだけ(クラシコ)。
しかしここ数ヶ月はすべてのものを捧げてきている。
このチーム、この選手たちの監督であることは大変な誇り。


審判問題についてか、会長さんと話し合うとか。
審判が犯した13もの重大なミスのリストを渡され、
私自身が自分のチームを守らなくてはならない状態には飽き飽きしている。
私のチームには相当のバックアップがあるべきで、会長との話し合いを望んでいる。
我々は毎週話をしているが、私としてはマドリード、そして私のチームを守っていきたい」

モウ監督も、あいつぐ審判の不当行為に対策を練ってくるよう。

イケルはインタビューで。
クロス・ゴメス主審のジャッジは適切ではなかった。
けど、彼は良いジャッジもよくする。
今回はあまり話し合いを許さなかったし、
サッカーのピッチでは話し合うことは大事なことだと自分は思う。

(Realmadrid.comより)

とまあ、大人の発言(*^_^*)

セビージャ戦の詳細はこちら↓
マドリー、ディ・マリア弾でセビージャに辛勝

んで、今日のエジルたんは。
起点つくったよね。
頑張って。

ディ・マリアのゴールのきっかけは、エジルでした。

エジルが、サイドから真ん中へと切り込んで、ペドロ・レオンにパスして、
そのボールをペドロ・レオンがシュートしましたが、ゾコラの手に当たってしまう。
そのこぼれ玉に、すぐ反応していたディ・マリアがゴールっ。

入ったからいいけど、入らなかったら、PKとっていたのかな?
笛鳴ってなかったから、そのまま流していたのだろうね。

他に。

パスが来なかったり、パスが通らなかったり。

効果的にパスを出したりもしたけど、ゴールまでは、行かない。

スペースに走りこんでいっても、パスとタイミングが合わない。

微妙にオフサイド・・・。

など。中々、うまくいかず。よくあるといえば、ある光景。

DFをかわして、中央への切り込んでのパスは、
2回目で、実を結びました。

今回のWOWOWの解説の宮澤ミシェルさんは、エジルを注目していて、
結構、褒めてましたね。(褒められるのは、嬉しいですわん。どもです(^.^))
ですが、全体的には、セビージャよりだったかなって。

辛勝だけど。
勝ったね。

厳しかったね。
今回の審判は。

この試合は、審判がレアルに厳しかった。

そんなんだから、選手同士も険悪っぽい。
ちょこちょこ、小競り合い。

エジルも例外ではなく。

エジルとアルビオルとの交代時、ロマリッチの胸を押したりして、
なにやら、言い合っていましたが。

クリロナとグラネロが止めに入るも、
観客に手をたたいて応えていたとき、ついでに何か言ったのかな?

主審が、イエローを提示。

それを、親指を立てて応え、ピッチから去っていましたが。

ロマリッチと主審に、かなりのご立腹のご様子。

グラネロが倒されたとき、PKをとらなかった主審に、
大声を張り上げてましたから。

よっぽど頭にきたみたいですな。

こんなに怒っているエジルが初めてみましたよん。
ドイツ時代には、よく文句を言っていたのかな?

ま。気持ちはわかるですが。ですが。

もらっちゃって。
イエロー。


試合のハイライトです↓

Real Madrid v Sevilla
アップロード者 tappasgood. - プロ、大学やクラッシック戦などのスポーツ動画をもっと見る。



今年は、国王杯レバンテ戦で最後です。

スタメンするのかな?


で、すみません。。。ちょっとだけ。

ここで、ちょっと、ひとことだけ、言わせてつかんさいm(__)m。 





“そんなところで、イエローもらってんじゃないよっ”




なんて・・・。(´-д-)-3はぁぁぁ。
スポンサーサイト

カテゴリ: メスト・エジル

テーマ: サッカー - ジャンル: スポーツ

[edit]

四季の風景時計♪ヾ(Θ▽Θ*)

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

ランキングはじめました。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。