02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

リーガ 第27節 ラシン戦 3-1 

リーガエスパニューラ 第27節 ラシン戦。

3-1。

勝った!(^^)

クリロナがいなかったけど!

勝ったどぉぉぉ!ワ――ヽ(・∀・)ノ――イ♪

勝利!!
ワーイ!

あげぽよ~\(^o^)/AGEPOYO~←また、やったもうた・・・(^_^;)家族から苦情アリ。。。


あの1点目のゴール・・・。

あんまり、たとえたくないけど・・・。

まるで! バルセロナじゃん!!

やれば出来るのか!?君たちは!!



試合内容はと(^^♪

先発メンバー

よろしく!
どうぞ。

FW:ベンゼマ アデバヨール
MF:ディ・マリア シャビ・アロンソ グラネロ エジル
DF:マルセロ カルヴァーリョ ぺぺ セルヒオ・ラモス
GK:イケル

元ラシンのカナレスは、ベンチスタート。


最初のわずか15分ですでに5本のシュートを相手ゴールに放ち、
そのうちの一つはゴールバーを叩くもの。

攻め続けながら結果を残せなかったリアソールでの試合を思い出させる瞬間もあったが、

エジルがその嫌な流れを絶った。

22分、相手陣中心をベンゼマ、エジル、アデバヨールが短いパスを連ねて中央突破。
最後はトーゴ人選手が先制点を押し込んだ。

ラシンがノックアウト状態になる中、レアル・マドリードは4分後に2点目を挙げる。

再びエジルがベンゼマへ決定的なパスを供給。

フランス人選手はボールをコントロールし、鮮やかにゴールを決めた。

この時点で試合は決まった。

モウリーニョのチームはお手本を示して見せた。

こうしてハーフタイムへ。チームは記憶に刻まれるべき前半を展開した。


前半は、見ごたえありましたね!

最初は、なかなか、ゴールが決まらず・・・うーんってうなってました(゜-゜)

マルセロのシュートはゴールならずで、隣にいたアデバから
「なぜ!俺にパスしない!」とお怒り?のご様子で・・・^_^;

シャビ・アロンソからのパスでのベンゼマのシュートは惜しくもバー!

でも、“最高のベンゼマ”の覚醒の兆候あり!


そして、魅せてくれました!

シャビ・アロンソ→エジル→ベンゼマ→エジル→アデバ→エジル
流れるような、早いパスワーク!!

エジルは、DFの間をすり抜けて、ゴール前のアデバにパス!

アデバは冷静に決めて、1点目ゲット!!

ゴール!
アデバ!

これは、すごかった!!

ラシンDFたち、なすすべ無し!

こんな早いパス回し・・・まるで~!!

言いたくないけど、ほんと!バルセロナみたいじゃ~ん!!

お見事でした!!

2点目は、エジルからの鋭いパスから
ベンゼマが、ゴールを決めてくれましたよん。(o'∀'人)

ゴール!
ベンゼマ!

FWの二人が、点を取ってくれた!

嬉しいぞ!!ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪

ラシンはハーフタイムで一息つき、
各ラインを前掛かりにより前方へプレッシャーを掛けてきた。

マルセリーノのチームはよりボール支配を強め、カシージャスの守るゴールへ迫った。

51分にはアロンソがジョバンニに対して反則を犯し、ラシンにPKが。
それでも守護神がこれをストップ。

レアル・マドリードは後半ペースを落とし、得点チャンスを作り出すのに苦労した。

ホームチームは引き続き攻撃を仕掛け、69分にケネディが1-2と点差を詰める得点を挙げる。

しかしマドリディスタたちにとっては苦労するというほどのものでもなかった。

相手チームの得点の5分後、
ディ・マリアのパスに反応したベンゼマが落ち着き払ったゴールを決め、1-3とした。

勝敗が決まったところで、モウリーニョは地元出身のカナレスに出場のチャンスを与えた。

またディ・マリアはこの試合で最高の動きをした中の一人で、
結局アデバヨールが失敗したものの、PKゲットのシーンを作った。

最後にアレックス・フェルナンデスにとって今日は忘れられない日になった。
ポルトガル人監督の判断によってデビューを果たし、夢のような5分間を楽しんだ。
(Realmadrid.comより)

後半は2点を取ったからか、運動量が落ちたような・・・?

シャビ・アロンソがドス・サントスにファールして、PKを献上(T_T)

この時は、イケル~お仕事して~(´;д;`)と願う・・・。

と!

イケル、PK!止めてくてました!!

もう~イケル~!!さすが世界NO1キーパーだ~!と

うるるぅ。゚('ω'o)゚。してました!


ところが、その後に、ケネディが隙をついてラシンに1点・・・。

わわ・・・さっきにPK入っていたら、同点だったじゃん・・・(;´・ω・)

レアル・マドリード・・・大丈夫かぁぁ。

と、心配は、すぐに解消されましたさぁ(^_^)v

ディ・マリアのパスにベンゼマ!冷静にゴール!

ベンゼマ!
やれば出来る子!

もう、やれば出来すぎ君!ベンゼマ~いいぞぉ!


久々の先発のグラネロ。

攻守に活躍してました!

影のMVP!
この試合の、

ケディラやラスがいるから、中々、出場できないけど、

今回の試合は、すごく光ってましたね!


で・・・

まっその・・・( ゚ω゚;)

ア・・・アデバのPKは、なかったことに・・・m(__)m  どしたんだ・・・(`‐ェ‐´)アデバ

してちょ。
なかったことに・・・。

しかし・・・PKが二度も外れるとは・・・。

エジルとの交代で、レアル・マドリードのカンテラ出身のアレックス・フェルナンデス(18歳!)が
入ってきました!

試合後のインタビュー(^^)

“緊張で胃が痛くなった”

“試合後、100以上のお祝いのメッセージが届いた。
ユニホームは母親にプレゼントした。
下部組織はトップチームの力にならないと言われていたけど、
モウリーニョは自分たちのタレントを引き出してくれているし、下部組織の力を信じてくれている。”
(Realmadrid.comより)

新たなカンテラ出身選手の登場は、嬉しいもんですね(^o^) 

モウ監督、これからも、たくさんいい選手を出してあげてください!

この中で、イケルやラウルのような選手が育ってくれますよう願っております!

今後に期待!
アレックス・フェルナンデス君!


クリロナのいない試合は、どうなるかと心配しましたが、

終わってみれば、3-1の勝利!

よかったよかった!ε-d(-∀-` )フィ~

勝利するぞ!
次も!


こちらもどうぞ↓
マドリー、C・ロナウド抜きでも快勝

ハイライト映像






そして、今回のエジルたんは(*^_^*)

抜かせてもらいます!
必死顔のエジルたん。


1点目は、もう、魅せられました!

シャビ・アロンソとエジルのホットラインは完璧でしたね!

エジル、ベンゼマ、アデバのあの早いパス回しには、驚きました!

エジルが、DFの間から出てきて、自分でシュートするかと見せて、

フリーになったアデバにパス!

わたさない!
ゴールまでは、

エジルが魔法使いって言われるのが、改めてわかった気がする。。。

そんな、エジルのプレイでした(^^)


2点目のベンゼマへのパスもよかった!

やったね!
ベンゼマの後頭!


FKの場面もありましたね(^^♪

クリロナがいないから、シャビ・アロンソかな?と思っていたら、

エジルが蹴りましたぞ。

外れちゃったけど・・・。

まだまだかな・・・。いつか、俊輔みたいに決めてくれないかな・・・。


後半は、久々にドロンしてたというか、あんまりボールにからんでなかったような。。。

疲れが出たかな・・・(´゚д゚`)

お疲れ?
ちょっと、

倒されて起き上がれず、うずくまっていた時は、心配しましたぞ・・・。


ディ・マリアだったら、またか!と思うところを、

エジルだと・・・。この違いって・・・(^_^;)


後半40分ごろの、1人ラシン陣にいたエジルに、ディ・マリアがロングパス!

なんとか追いついたエジル、二人DFの内、1人はかわしましたが、

GKにも阻まれてゴールならず・・・( ´-ェ-` )

チャンスだったけど・・・。

きき足は左だから、左で決めようと思ったのね・・・。

その後、悔しさもあったのか、観客席にボールを蹴り出してました・・・。

また、エジルのゴールはお預けか・・・。

どいて!
GKさん!


でも、2アシストしましたから!!

大活躍の試合でした!ヽ(*^ω^*)ノ

エジルだよん。
大喜びの!


スポルトのマンデーセレクション、NO1ゴールは、

この試合のアデバのゴール!!

鬼ごっこかぁ!

まあ、半分はエジルかな(*^_^*)なんて、思ったりして。。。

決めてね!
今度は!


公式サイトでは、

“エジル、世界の紙面をジャック”の記事。

“エル・サルディネーロで見せたドイツ人MFの魔法のプレーを世界中が賞賛。”


AS:エジル、試合を支配し2つのゴールを供給

エジルはファンタスティック。

パス、ドリブル、タレントを十分に使ったプレーのリサイタルショーを披露。

エレガントなプレーを見せるエジルのまぶしさの前に他の選手は影に。

エジルは水の上を歩くかのように軽やかなバイオリンのような音色を奏でる。

今後のマドリードを指揮する選手がいた。

必要な時はしっかりと守備を見せるが、決して野蛮な形ではない。

ボールをキープし、状況に応じたタッチでボールを回し、
ラストパスはもちろんシュートに顔を出す。

MARCA:彼のもとでマドリードは完ぺきなオーケストラとして動いた

OOOHZIL!!!2つの天才的プレーでゴールを供給したドイツ人MFは
まるでドイツ人モーツアルトのリサイタルを開いているようだった。

エジル以上のプレーをした者はいない。

彼の前半のプレーは忘れられないもの。

マドリード入団してから高いレベルでプレーを披露する選手であり、
そのタレントは底知れないもの。

彼のもとでマドリードは完ぺきなオーケストラとして動いた。

エクセレントであり先が読めないプレーを見せてくれる。

マドリディスモのアイドルになる選手であることは好ゲームを演出したことでもわかる。

ABC:芸術的サッカーを見せた

エジルは芸術的なサッカーを創造。

彼にスイッチが入った時、マドリードは輝く。

芸術的サッカーを見せた。

ボールを持った時、まるでモーツアルトのコンサートのように。

格別な選手。全ての面で良いプレーを簡単にスムーズに見せる。

まるで絹のような滑らかさのサッカーが彼の足もとから生まれる。

ボールを持てば素晴らしいプレーを見せ、ラシンを追い詰めていた。

EL MUNDO:皇帝、偏在

エル・サルディネーロの試合はエジルのハイクラスのプレーを語るだけで十分。

偏在、皇帝、不可能なパスを通す選手。

誰よりも輝いた選手で、ラストパスをいつでも担う。

EL PAIS:エジル,輝くマドリードを演出

ボールと共に踊り、自分の可能性をわかっている生まれつきのサッカー選手。

頭を振るようなそぶりはほとんど見せない。

驚異的なスピードのサッカーを見せるマドリードの5元素となる存在。
(Realmadrid.comより)

などなど、詳しくはこちらを↓
エジル、世界の紙面をジャック


バイオリンに、オーケストラに、おおっ!モーツアルト!

豪華なたとえですな。。。

これだけ、大絶賛されるとは・・・うーん、嬉しいかも(~_~)


ですが。。。

マスコミってもんは、

褒めるときは、めちゃ褒めまくるが、

ダメなときは、めちゃめちゃめちゃ!コケおろすもの。

それがお仕事だから、文句を言っても仕方ないですが・・・。



あのクラシコの時のことは、決して忘れましぇん(ノд-。)

あれは、勉強になった・・・。

ここまでやるのか!(`‐ェ‐´)と、言いたい放題書きまくっていたマスコミさん。

ここまで褒めたなら、ダメなときは、手加減はしてよね!

なんてこと、ありえないよね。うん。わかってる。(ェ)b


次は、エルクレス戦。

クリロナの復帰は、リヨン戦ぐらいとの話。

まだ、わからないけど。。。

エルクレス戦も、クリロナ抜きで戦うのね・・・。

カカーは
“左ひざ外側部の水腫、腸脛靭帯症候群が判明。戦線復帰までの期間は15日”

カカーは今月は無理かな・・・。

クラシコまでには、本来の姿に戻ってきてください!カカー!


エジルたん!

あなたは、ケガのないように、気をつけて。

もう、エジルもいないレアル・マドリードなんて見たくないですぅ!

まだまだ、負けられない試合が続くけど、頑張れ!エジル!!

応援してるぞ!
次の試合も!
スポンサーサイト

カテゴリ: メスト・エジル

テーマ: サッカー - ジャンル: スポーツ

[edit]

四季の風景時計♪ヾ(Θ▽Θ*)

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

ランキングはじめました。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。