04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

CL準決勝 セカンドレグ クラシコ 1-1  CL敗退。 

CL準決勝 セカンドレグ クラシコ 

1-1 

CLを敗退いたしました。

CL敗退。


とても、残念な結果となりました。



試合内容。


先発メンバー

先発メンバー。


FW:イグアイン
MF:クリロナ カカー ディ・マリア
MF:シャビ・アロンソ ラス
DF:マルセロ カルヴァーリョ アルベロア アルビオル
GK:イケル

エジル、ベンゼマ、アデバは、ベンチスタート。

ケディラは、ケガ。

出場停止 セルヒオ・ラモス ペペ

そして、モウリーニョ監督。


すごい雨でした。

大雨


ペップ監督とカランカコーチ。

モウリーニョは先発メンバーにカカー、イグアインを起用。

チームとしての破壊力を重視。

もちろん、選手間のコンビネーションを忘れた訳ではない。

相手の攻撃の起点からプレッシャーをかけ、スペースを埋め、
バルセロナの選手をマークから外すことはなかった。

だからこそ、序盤はバルセロナの攻撃を無効化したし、

何よりもカンプノウの早い芝の上で見せた
ロス・ブランコスのフィジカルの高さは誇れるものだった。

ラス、シャビ・アロンソは
惜しむことのない運動量で相手の攻撃をストップして見せる。

時計の針が30分を指した時まで
両チームとも決定的なチャンスを作ることはなかった。

だが、前半最後の15分は激しいものだった。

30分から36分までの間に
バルセロナはメッシ、ビジャ、ペドロが4度の決定的チャンスを作るが、
カシージャスが立ちはだかり、得点を許さない。

マドリードはグアルディオラ率いるチームの前に苦戦を強いられるが、
その中でもバルデスのゴールを目指す。

カウンターから
クリスティアーノ・ロナウドが抜け出し、中のディ・マリアに合わせるが、
あと一歩合わず。

そのまま前半が終了。


ペペとセルヒオ・ラモスが出場できない状態ですので、

レアルは、いつもの攻撃的布陣で挑んできました。

クリロナとLeo

真っ向から勝負ということでしょう。

クリロナとLeo


調子が上がっているカカーとイグアインを先発に起用しました。

イグアイン

カカー


立ち上がりは互いに譲らない攻防戦でしたが、

クリロナ


Leo


さすがはバルセロナです。

決定的なチャンスを作り出します。

Leoのシュートは、左にいたビジャにパスを出したほうが、
確実に決められていたのではないかな?

イケルのファインセーブにより得点ならず。

今度はビジャに出しますが、これもイケルによって
阻まれます。

イケル。

危ない場面をなんとか凌いだレアル・マドリード。

レアルの攻撃陣は、バルセロナの

ボール支配率が上回る状態と組織による強固な守備力の前では、

攻撃のチャンスを、思うようにつくれない。

まず、ボールが回ってこなければ、お手上げ状態。

前半は、クリロナ、カカー、イグアインの強力な攻撃メンバーは、

沈黙していました。


後半開始直後にチームはバルセロナ陣内へと攻め込む。

ラインを上げ、ホームチームを自陣から出さない。

もちろん、そのサッカーにはリスクが含まれている。

だが、そのリスクを冒すことがチームには必要だった。

48分、この日一番の議論を呼ぶプレーが。

クリスティアーノはスピードに乗ったドリブルで突破を図ると、
ピケと交錯し倒れ、不可抗力でマスチェラーノを倒してしまう。

ボールはイグアインに渡り、アルゼンチン人FWはネットを揺らすが、
主審の笛は得点ではなくCR7のファールを告げ、

マドリードの先制点は幻に終わった。

議論を呼ぶプレーから6分後、

ロス・ブランコスの賭けは裏目に出る。

バルセロナのショートカウンター、

イニエスタのスルーパスはマドリードDFラインを破りペドロに。

スペイン代表FWはカシージャスとの1対1を制し、

スコアボードには1対0の数字が刻まれた。

失点をしたことから、チームはベンチを動かす。

アデバヨール、エジルをイグアイン、カカーに代えて投入。

バルセロナから得点を奪うこと、それがチームの課された使命だった。

64分、同点弾が生まれる。

相手DFのミスからディ・マリアがフリーになりシュート。

放たれたボールはポストに当たるが、再びアルゼンチン人MFのもとに。

背番号22番は中へ折り返し、上がっていたマルセロがネットを揺らす。

スタジアムに一瞬の沈黙が訪れた瞬間だった。

残された時間は26分。ウェンブリー行きの扉は決して閉ざされていなかった。

ロス・ブランコスは追加点を目指すが、
ホームチームはスペースを与えないようにブロックを形成する。

グアルディオラはビジャに代えてケイタを投入。

カギとなる中盤の争いに勝つために、フィジカルの強さを誇る選手を送り込んだ。

決勝進出には2得点が必要だったが、時間だけが過ぎ去っていった。

バルセロナはマドリードの攻撃を受け止め、
ショートカウンターから駄目押しを狙ってくる。

なかなかたどり着けないゴール…

決勝進出の扉は徐々にマドリードを拒むかのように閉まり始めていた。

そして夢は終わりを告げた。

(Realmadrid.comより)

イグアインのゴールですが、

審判が笛をふき、試合と止めた直後だったので

これはやばいな思っておりましたら

やはり、取り消されました。

取り消し。


その後のイニエスタのスルー、ぺドロのゴールは、

ペドロのゴール。

これは、レアルのDFを完全に崩しましたから、

見事なゴールシーンでした。

ダメ押し。



歓喜。


レアルにも、やっと得点のチャンスがやってきます。

ディ・マリアのシュートは惜しくもポストにあたりましたが、

マルセロのゴール。


はね返ってきたボールを走りこんできたマルセロに

落ち着いてパスをして、マルセロがゴール!

マルセロ。


1点。


でも、反撃はここまで。


結果は、1-1のドローでした。


ファーストレグの結果を合わせると、1-3となり、


レアル・マドリードは、CL敗退になりました。


そして、クラシコ4連戦は、ここで終了です。


今季のクラシコの最終結果は

レアル・マドリード 1勝2敗2分。

バルセロナの勝利でした。


今、いろいろを話題になっております審判の件など、

多々ありますが、

それぞれの立場から意見や感想があり、

互いの言い分の食い違いは仕方ないと、思ってはおります。


審判もゲームのうちであるということであれば、

勝敗を決定づける判断には、より慎重になるべきではないでしょうか。

FIFAがテクノロジーを試験的に導入?とニュースを聞きましたが、

それも、ひとつの改善すべき点ではないかと思います。


それから、これは勝負とは関係なく、

肝臓腫瘍の手術により、療養していましたアビダルが出場しました。

アビダル


とても、感動的な場面でした。

復帰、おめでとう!


復帰、おめでとう。アビダル。


こちらもどうぞ。

バルサが決勝の地ウェンブリーへ

バルセロナ 対 レアル・マドリー 選手採点

ハイライト映像。


Il mio filmato[21] 投稿者 simak1111



今回のエジルたんですが、また次回に。




エジルの応援ブログですので、

落ち込んでいたのでは、応援になりませんが、

CLファーストレグから今日までの3戦は、

正直、けっこう、しんどかったです。



エジルの良い時も悪い時も、

ちゃんとみつめていこうと決めて始めたブログですので、

弱音をはいてはいけませんね。


でも、さすがに、昨日は、きつかったですね。


11月にあったクラシコの自分の記事(恥ずかしい!)を

改めて読み返したのですが、

けっこう、おバカなこと(いつもですが・・・)を書いてるいるなと苦笑しました。

今より、この時のほうがショックが大きかったはずなのですが。。。。



さてと、まだ試合はあります。

次戦のリーガ、セビージャ戦に集中しなくては!



最後に、

このブログへ訪問していただいた皆様へ。


今季のメスト・エジル、レアル・マドリードのCLは、終わってしまいました。


一緒に、応援していただいた皆様に、お礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

CLは、対戦相手すべてが強豪チームでしたので、とても、勇気づけられました!


励ましのコメント、拍手をたくさん頂きました。

心から、感謝しております!


まだリーガは続いておりますので、

これからも、“のらりくらりの天才 メスト・エジル”を応援していきます。

また、遊びに来ていただけると、励みになります!

よろしくお願いいたします!


次は、勝利しましょう! Real Madrid !  Mesut Ozil!
スポンサーサイト

カテゴリ: メスト・エジル

テーマ: サッカー - ジャンル: スポーツ

[edit]

四季の風景時計♪ヾ(Θ▽Θ*)

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

メールフォーム

最新トラックバック

ランキングはじめました。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。